収入を増やすために取り組むべきこと

治験バイトって聞いたことありませんか?正確には有償ボランティアなんですが、治験に参加することでお金がもらえるんですよ。

 

参加するかどうかは本人次第ですけど、こういったお金の稼ぎ方もあるということで、ここでは治験バイトとはどういったものなのか、どうやったら参加できるのか、といったことについて解説していきます。

 

資産形成の一手段として検討してみるといいでしょう。

 

治験の基礎知識

 

治験と言うのは、世の中に出回る薬が必ず通らなければいけないものです。

 

なぜなら、薬の発売前には厚生労働省によってその薬が承認され、認可を受ける必要があるんですが、その申請条件の一つになっているからなんですね。

 

なので、この治験が終わらないことには販売までこぎつけることができません。

 

で、治験がどういったものかと言いますと、本当にその薬に効果があるのか・その疾患に有効なのかということから、どれくらいの用量が適切なのか、安全性や副作用があるのか調査するというものなんです。

 

治験に危険性はないの?

 

治験の前段階として、動物を使ってのテストなど、重大な欠陥がないのかなどをしっかりと調査しています。

 

なので、絶対に副作用が出ないということはできませんが、少なくとも怪しいものではありません。治験に当たり健康診断を行って適切な状態か調べますし、専門の医師から納得いくまで説明もあります。

 

それに、治験審査委員会(IRB)という中立的な立場から治験を監視する機関も用意されるなど、万全の態勢が敷かれています。

 

また、治験はあくまでボランティアであり、参加するかどうか決める・途中でやめることも自由なんですよね。

 

いかがでしょうか?治験が怪しい、手放しで危険だというわけではないことがお分かりいただけたかと思います。

 

治験バイトとお金の話

 

上でも触れましたが、正確には治験ボランティアと呼ばれるものなんですが、労働とは違うということです。

 

ただ、治験に参加すればお金がもらえます。そのお金はしばしばバイト代と言われるんですけど、あくまでボランティアなのでバイト代ではなく、謝礼とか協力費、正確に言うと負担軽減費と言われます。

 

治験に参加するに当たり交通費などが必要な場合もありますし、治験参加するために会社や学校を休む、検査による負担に対して払われるということ。

 

まぁ、本音と建て前、といったところでしょうか。ただ、バイト代と言ってしまうと何かと問題なので、しっかりと負担軽減費であると理解しておきましょう。

 

治験バイトはいくらもらえるの?

 

気になるお金の話ですが、治験の種類によって違うものの、通院1回で7,000円-1万円ほどもらえます。

 

また、入院が伴うような治験の場合は、1泊1-2万円で、日数によって数万円から時には数十万円貰えることもあるんですよね。

 

なので、あまり時間のない会社員のほか、時間に比較的余裕のある大学性であったりフリーターに人気があります。

 

※あくまでボランィアなので、お金で治験者を集めてはいけないんですよね

 

治験に参加するまでの流れ

 

治験に参加するまでの主な流れについて解説していきます。

 

@ 治験の情報サイトに登録

 

治験に参加するためには、どのような案件があるのかなどを知ることが必要。そのためには、治験の情報サイトに登録しなければいけないんですよ。

 

※直接治験を行っている病院に申し込むことも可能ですが、手間がかかりますね

 

登録すれば詳しい治験内容が見られますし、負担軽減費がいくらもらえるのか提示していることもあります。ちなみに、通常のアルバイト求人サイトや情報誌で治験のバイトを探すことはできません。

 

どういったサイトがあるのかは、後程詳しく解説していきますので、そちらも参考にしてみてください。

 

A 気になる案件に応募

 

サイトを見てみたり、メルマガで送られてくる案件で気になるものがあれば応募してみましょう。もし気に入るものがなければ、特に応募する必要はありません。

 

B 説明会・事前の健康診断への参加

 

説明会・事前の健康診断までどのように生活しなければいけないのかということが伝えられるので、それまでその指示に従いましょう。

 

そして、いよいよ説明会なんですが、そこではどういった薬を試すのか、副作用はどんなものが予見されているのか、負担軽減費はいくらなのかといった治験の詳細が説明され、参加の可否を決定します。

 

その後、身長であったり血液検査と言った健康診断が行われます。

 

C 治験への参加の可否が決定されます

 

治験に参加できるかどうかは、医療機関によって判断されます。そこで合格すれば、無事に参加が可能になるんですよ。

 

D 治験への参加

 

入院するパターンや、通院するパターンがあります。その期間などは各治験によって違うので、どういった案件があるのか情報サイトに登録してみてみるといいでしょう。

 

治験バイトをするなら登録しておきたいサイト

 

@ ニューイング

 

今まで15年の実績があり、治験ボランティアのパイオニアとして有名なサイト。また、臨床試験受託機関に加盟しているので、治験参加者への配慮(健康や安全性)も非加盟のところよりは高いと言えるでしょう。

 

案件数も、健康な男性(20-35才)向けの入院試験から生活習慣病などの疾患を持つ人向けのものまで幅広く用意されています。

 

また、無料の会員登録をするとどのような案件が募集されているのかその詳細のほか、参加した際の謝礼の情報も受け取れるので、治験バイトに興味があるのであれば一度登録して負いたい方がいいでしょう。

 

▼ あなたも治験をはじめませんか?

 

 

A ヒューマンリンク

 

こちらのサイトは、健康な成人男性・女性向けの案件が多くあるサイトです。また、臨床試験受託機関に加盟しているので、治験参加者への配慮(健康や安全性)も非加盟のところよりは高いと言えるでしょう。

 

ただ、高血圧であったりアトピー性皮膚炎、糖尿病であっても登録することができます。

 

各疾患を持っている方向けの案件もあるので、こちらも登録して情報を得ておいたほうがいいですね。

 

▼ 治験参加の事ならV-NET

 

 

B CVN治験ボランティア

 

健康な方向けの案件から予備軍、実際に疾患を持っている方向けまで幅広い案件が用意されています。

 

基本的に東京都内での案件が多く、そのほかに大阪や福岡がある、といった感じ。なので、地方住まいの場合参加は難しいかもしれませんね。

 

▼ JCVN治験ボランティア

 

 

C 新薬ネット

 

日本最大級の新薬モニターの情報サイトで、会員数は6万人を超えてます。

 

ここは報酬の目安も乗っていて珍しいんですよね。会員登録していなくても案件の詳細がみられるので、一度覗いてみてはいかがでしょうか?

 

▼ 短期高額アルバイトの決定版!【新薬ネット】

 

 

治験に参加するメリット・デメリット

 

治験に参加するのはどうなのか?ということについてまとめてみました。

 

治験に参加するメリット

 

  • お金をもらうことができる
  • お金の面で負担なく健康状態のチェックができる
  • 専門家に診断してもらったりアドバイスがもらえる
  • 今までと違う治療が受けられる
  • 社会貢献につながる

 

治験に参加するデメリット

 

  • 副作用が出る可能性がある
  • 時間的に拘束時間が長いこともある
  • あくまで治験

 

治験の場合、思い込みで症状が改善する可能性もあることから、偽の薬が投与される可能性もあります。

 

つまり、実際は治療になっていない、といったこともあるんですよ。これが普通の治療とは違うところです。

 

また、治験については『治験バイトガイド』でも解説しているので、そちらも参考にしてみてください。

続きを読む≫ 2015/05/26 14:29:26

資産形成で一番大切なことは支出コントロールです。

 

(収入−支出)×運用利回り=お金の増えるスピード

 

であり、支出は誰でも心構えしだいで減らすことができるからです。運用だと、いくら頑張ってもマイナスになることもありますからね。

 

また、収入も増やそうと思ってもなかなか増やすことができません。

 

なので、私は資産形成でまず初めに取り組むべきことは支出コントロールだと言っています。

 

でも、支出を減らすのも限界はあります。0円で生活するなんてほぼ不可能ですからね。基本は支出を削ることですが、そのうえでやれることはやっていくことが大切です。

 

ということで、ここでは副収入を増やして資産形成を加速させる方法について紹介します。

 

副収入を得る方法

 

副収入を稼ぐ方法にもいろいろありますが、難易度が低いものから取り組むのがポイントです。

 

アルバイト(ダブルワーク)

 

一番確実に収入を増やす方法です。でも、本業のほかに仕事を抱えるって大変ですよね。

 

ヘタしたら本業に影響を及ぼして、減給になる可能性さえあります。

 

なのでこの方法はあまりお勧めできません。もし今の状態で生活が回らないというのであれば、やるしかないんですけどね・・・

 

ちなみに、お金を大きく稼げるバイトとしては、治験バイトなんてのもあります。正しくは、治験ボランティアなんですが。

 

ネット副業(ライター)

 

文章を書くのが苦にならないというのであればライター業も考えてみましょう。

 

ライターの場合は、基本的にやったらやった分だけお金になりますし、求められるレベルは低い(モノによりますが)ので、気軽に取り組むことが可能です。

 

ただ、文章を書くのが得意であったり好きならば初めから苦労しないと思いますが、そうでない場合は最初のうちは苦労すると思います。

 

でも、慣れてくればだんだん書くスピードも上がってきますし、なんといっても隙間時間にできるので時間を無駄にすることもありません。ちなみに、ライターとして働く場合、おすすめなのがランサーズです。

 

クラウドソーシングサイトの大手で、案件数も豊富なので登録しておくことをおすすめします。

 

⇒ ライターの仕事が手軽にできるおすすめのクラウドソーシングサイト

 

アフィリエイト

 

一番稼げる可能性があるのがアフィリエイトです。でも、一番稼げない可能性があるのもアフィリエイトです。

 

アフィリエイトとは、あなたの運営するブログやサイトに広告を掲示し、その広告経由で訪問者が何かしらのアクション(クリックされるだけで報酬が発生するタイプもある)を起こすことで報酬が得られるというものです。

 

アフィリエイトと聞くと怪しいと敬遠する方もいますが、簡単に言えば広告仲介業のようなもので怪しくありません。ヤフーなどもこういった仕組みを利用してますし、立派なビジネスです。

 

また、広告を出している企業と広告を掲載して稼ぎたアフィリエイターを結びつけるのがASP(アフィリエイテッド・サービス・プロバイダ)と言うのですが、大手ASPであるA8.netは株式市場に上場しているので安心感があります。

 

登録や利用するのは無料でこちらからお金を出すようなことはないので、まずはどんなものかのぞいてみてはいかがでしょうか?

 

また、広告がクリックされたり、表示されるだけで収入になるものもあります。

 

有名なものにグーグルアドセンスと言うものがあるのですが、換金最低額が8,000円からなので成果がそこまで積みあがる前に挫折する可能性もありますし、規約も厳しいので初心者の内はおススメしません。

 

なので、最低換金額が500円で、規約も比較的緩めな忍者アドマックスと言うものをおすすめしています。

 

ブログやサイト運営で稼げるのか疑心暗鬼な人もいるかと思いますが、まずは簡単なところから始めてみてはいかがでしょうか?

続きを読む≫ 2015/05/17 18:11:17

トップページ サイトマップ 当サイトについて プロフィール リンク・お問い合わせについて