家計の見直し方を学んで漠然とした不安を取り除きましょう

家計の見直し方を学んで漠然とした不安を取り除きましょう

家計の見直し方を学んで漠然とした不安を取り除きましょう

 

生活が苦しい、普通に生活しているはずなのに毎月カツカツ…

 

そういった状態に陥っているんであれば、今すぐ家計を見直すことが大切です。そこで本記事では家計の見直し方についてご紹介します。

 

家計を分析してみる

 

家計を分析する際、収入・支出と資産の両面から分析してみましょう。

 

なお、収入・支出の分析については、収入がいくらあるのか、また支出がいくらあるのかを明確にすることが大切です。

 

なお、把握方法としては家計簿をつけることが最も有効ですが、一回やってみたけどうまくいかなかったという人も多いのではないでしょうか?私もエクセルで毎日つけようとして失敗した過去があるのですが、そうした人には自動の家計簿アプリであるマネーフォワードがおすすめです。

 

また、家計分析において資産がどのような構成になっているのかを把握しておくことも大切です。

 

詳しくは「家計分析の手順(資産編)|個人版バランスシートの作り方」に書いているのですが、例えば株でほとんど資産を固めているのか、それとも預貯金でほとんどの資産を持っているのかを知っておくことでリスクに対する許容度も変わってきます。

 

将来設計をする

 

将来設計はしていますか?将来設計とは文字通り将来の設計、つまりどのような生活を送りたいのかと言うことです。

 

収支、資産を明確にしてもそれは現状把握でしかありません。将来についても考えることが大切なのです。

 

さて、このように書きましたが将来設計の方法ってなんだ?って思いますよね。将来設計の方法ですが、簡単に言ってしまうとライフプラン表を作成するということです。詳しい説明は下記の記事に任せますが、今後のお金の動きを表にしましょうという話です。

 

自分の将来のお金の流れを明確にすることで現在の家計の状態はいいのか、それとも改善しなければいけないのかがわかるようになるのです。

 

将来設計後は、支出面の改善

 

ここまでで現状把握、そして将来設計をして未来がどのようになるのかシミュレーションしました。

 

次にやるべきことは改善です。このままのお金の使い方で将来困らないという結果になっているのであればOKです(ただし、将来何があるのかわからないので貯金スピードを上げるなどの対策をしたほうがいいですが)。一方、現在すでにお金に困っている、または将来お金が足りなくなることが分かった人はすぐに改善しなければいけません。

 

その改善の方法としては収入をアップさせることが考えられますが、そんなに簡単に増やせたら苦労しません。

 

なので、収入を上げる努力もしながら、まずは支出面を改善していくことが大切です。支出については家計簿をもとにして洗い出してください。また、支出の削減方法については下記記事を参考にしてみてください。

 

生活を見直すためにはしっかりと手順に沿って進めなければうまくいきません。なので、今回紹介した手順をもとに家計の見直しを実行してみてください。


スポンサードリンク

 

関連ページ

ライフプラン・ライフデザインの作成前の準備|自分軸をしっかり持てるかがポイン
ライフプラン・ライフデザインの作成前の準備|自分軸をしっかり持てるかがポイン
人生を楽しくするための生活設計(ライフデザイン)の作成方法
人生を楽しくするためには生活設計することが大切です。目的をしっかりと作り生活しましょう。
将来の不安をなくす・軽減するためのライフプラン表の作り方
将来の見通しがないと、不安は増大します。そこで、ライフプラン表を作成することで、不安を軽減させることができるんですよ。ここでは、具体的なライフプラン表の作成方法についてご紹介します。
賃貸?それとも持ち家?住宅を選ぶ際のチェックポイント
賃貸か持家かと言う話は神学論です。どちらが得かではなく、どうしたら満足できる生活が可能なのかを考えましょう。
生命保険の加入・見直しもライフプランの作成からスタート
生命保険の加入・見直しもライフプランの作成からスタート
20代から考える老後に必要なお金の準備方法
20代から考える老後に必要なお金の準備方法
ビジョンボードを作って将来設計を現実にしよう
絵に描いた餅では仕方ありません。計画は立てることに意義があるのではなく、実行することに意義があるのです。そのサポートをしてくれるのがビジョンボードです。

トップページ サイトマップ 当サイトについて プロフィール リンク・お問い合わせについて