賃貸?それとも持ち家?住宅を選ぶ際のチェックポイント

賃貸?それとも持ち家?住宅を選ぶ際のチェックポイント

賃貸?それとも持ち家?住宅を選ぶ際のチェックポイント

 

よく賃貸か持家かと話題になりますが、結論から言いますとどちらでもいいです。それぞれ価値観が違いますので、どちらが正しいというようなことはありません。

 

また、賃貸が得なのか、それとも持家が得なのかと言う話もよく聞きますが、支払額は調整が可能ですし、上述したように価値観がそれぞれ違いますので、答えはないということをしっかり理解しておきましょう。

 

なお、賃貸と持家にはそれぞれメリット・デメリットがありますので以下にまとめておきます。参考にしてみてください。

 

賃貸のメリット・デメリット

 

賃貸のメリットとデメリットについて。

 

賃貸のメリット

 

  • 住居の変更が容易
  •  

  • 支払いが難しくなっても対応が可能
  •  

  • 維持やメンテナンスが楽

 

賃貸の場合は支払いが難しくなった場合に調節することが容易ですし、維持やメンテナンスは必要ないので楽です。

 

このメリットは見逃せません。最近ではライフスタイルが多様化していますし、年数がたつにつれてその人の状況も変わりますからね。

 

賃貸のデメリット

 

  • あくまで借り物である

 

賃貸のデメリットはあまり多くありません。強いて言えば借り物なので自分の思うようにできないということです。

 

持家のメリット・デメリット

 

持ち家のメリットとデメリットについて。

 

持家のメリット

 

  • 自分の思い通りにできる
  •  

  • 一国一城の主と言う満足感が得られる

 

持家のメリットとしては、自分の思い通りにできることです。自分のものですからね。

 

持家のデメリット

 

  • 少子高齢化のため資産にならないケースが増える
  •  

  • 住み替えが難しい
  •  

  • 支払いが難しくなっても借金として残る

 

持家のデメリットは正直多いですし、重いです。昔は土地価格が上昇していましたし試算になるという考え方こそ王道でしたが、今その考え方をするのは危険です。

 

また、例えば近隣住民とトラブルになった場合でも簡単に引越しできないといったこともあります。

 

そのほかにも、給料が下がって払いが困難になったとしてローンについては払い続けないといけないので負担になりやすいということもあります。


スポンサードリンク

 

関連ページ

ライフプラン・ライフデザインの作成前の準備|自分軸をしっかり持てるかがポイン
ライフプラン・ライフデザインの作成前の準備|自分軸をしっかり持てるかがポイン
人生を楽しくするための生活設計(ライフデザイン)の作成方法
人生を楽しくするためには生活設計することが大切です。目的をしっかりと作り生活しましょう。
将来の不安をなくす・軽減するためのライフプラン表の作り方
将来の見通しがないと、不安は増大します。そこで、ライフプラン表を作成することで、不安を軽減させることができるんですよ。ここでは、具体的なライフプラン表の作成方法についてご紹介します。
家計の見直し方を学んで漠然とした不安を取り除きましょう
生活が苦しい、いつもお金に困っているという人は、まず初めに家計の見直しを行うことが大切です。でも、初めてとなるとみなおし方がよくわかりませんよね。そこで、本記事で家計の見直し方について紹介していきます。
生命保険の加入・見直しもライフプランの作成からスタート
生命保険の加入・見直しもライフプランの作成からスタート
20代から考える老後に必要なお金の準備方法
20代から考える老後に必要なお金の準備方法
ビジョンボードを作って将来設計を現実にしよう
絵に描いた餅では仕方ありません。計画は立てることに意義があるのではなく、実行することに意義があるのです。そのサポートをしてくれるのがビジョンボードです。

トップページ サイトマップ 当サイトについて プロフィール リンク・お問い合わせについて