人生を楽しくするための生活設計(ライフデザイン)の作成方法

人生を楽しくするための生活設計(ライフデザイン)の作成方法

生活設計とはこれからの人生についての行動指針を作ることであり、人生の地図と言ってもいいでしょう。

 

地図がなくてはこの荒海を乗り越えるのも困難ですし、考えなしにとにかく力いっぱい生きるというのも大変です。そういった生活をしていると、何かあった時に対応できませんからね。

 

そこで本記事では生活設計の作り方をご紹介します。紙などを利用して、頭の中にあることを書きだして整理してみましょう。

 

生活設計の3つの大きなテーマ

 

生活設計をするに当たり、考えるべき大きなテーマが3つあります。

 

@ 生きがい

 

生きがいは人に言われて見つかるようなものではなく、自分で見つけていくものです。それが趣味であったり仕事であっても構いませんし、家族と一緒に過ごす時間でもいいでしょう。

 

生きがいが何もないと思う人もいるかもしれませんが、自分が楽しい状態になれることを考えてみてください。私も何が楽しいのか、生きがいと言われてもわからないという状態ではあったのですが、しいて言えば家でゴロゴロしていることが生きがいですかね。

 

それだって別にいいじゃないですか、やりたいことをやりたいようにやる。そのためにはまずやりたいことを見つける必要があります。

 

またこれは消極的な考え方ではありますが、仕事からのストレスから逃れるというのも大切なことです。嫌なことから逃れることが生きがいと言うのもありかもしれません。

 

A 健康

 

どのような人生を送りたいかを考えることも大切ですが、健康面も考えておく必要があります。これは肉体的なことだけではなく、精神的なことも含みます。

 

どのような体型になりたいのかと言うことや、健康づくりについても目標を立ててみましょう。

 

B 資金(経済)

 

生きがいのある人生を送るためにはやはり先立つものが必要ですし、将来の不安と言う面で見ますとお金が占める割合も大きいのが現実です。

 

そのため資金計画を立てることも重要です。例えば年2回旅行に行きたいのでその分を確保するにはどうするのかなど。生活レベルをどうするか、自分が望む生き方をするにはいくら必要なのかある程度概算しておくと計画的に生活ができるようになります。

 

具体的な道筋を立てる。上記の3大テーマについてじっくり考えたらそれを具体的に書いていくことが大切です。

 

実際に書きだすことによりイメージがリアルになっていきます。私の人生こんなはずじゃなかったと年を取った時にならないように、十分検討しましょう。

スポンサードリンク

 

関連ページ

ライフプラン・ライフデザインの作成前の準備|自分軸をしっかり持てるかがポイン
ライフプラン・ライフデザインの作成前の準備|自分軸をしっかり持てるかがポイン
将来の不安をなくす・軽減するためのライフプラン表の作り方
将来の見通しがないと、不安は増大します。そこで、ライフプラン表を作成することで、不安を軽減させることができるんですよ。ここでは、具体的なライフプラン表の作成方法についてご紹介します。
家計の見直し方を学んで漠然とした不安を取り除きましょう
生活が苦しい、いつもお金に困っているという人は、まず初めに家計の見直しを行うことが大切です。でも、初めてとなるとみなおし方がよくわかりませんよね。そこで、本記事で家計の見直し方について紹介していきます。
賃貸?それとも持ち家?住宅を選ぶ際のチェックポイント
賃貸か持家かと言う話は神学論です。どちらが得かではなく、どうしたら満足できる生活が可能なのかを考えましょう。
生命保険の加入・見直しもライフプランの作成からスタート
生命保険の加入・見直しもライフプランの作成からスタート
20代から考える老後に必要なお金の準備方法
20代から考える老後に必要なお金の準備方法
ビジョンボードを作って将来設計を現実にしよう
絵に描いた餅では仕方ありません。計画は立てることに意義があるのではなく、実行することに意義があるのです。そのサポートをしてくれるのがビジョンボードです。

トップページ サイトマップ 当サイトについて プロフィール リンク・お問い合わせについて