ライフプラン・ライフデザインの作成前の準備|自分軸をしっかり持てるかがポイン

ライフプラン・ライフデザインの作成前の準備|自分軸をしっかり持てるかがポイン

ライフプラン・ライフデザインを作成するに当たり、自分はどのような人間でどのような生き方をしていきたいのか、といったことを明確にする必要があります。

 

この工程を無視してプランを立ててしまうと、計画はあるけれどなんだかしっくりこない、といったことにもなりかねません。そもそも、計画がうまく立てられなくて挫折するということにもつながりますからね。

 

ライフプランとは?

 

ライフプランとは(生涯)人生設計のことで、ライフデザインをより具体的にしたものです。

 

経済的にどのようになりたいのか、どのようなところに住みたいのかなど人生に対する価値観のこと。

 

また、一人暮らしか結婚するのか、正社員か派遣社員か、フリーターとして働くのか等、どのような生き方や考え方をするのかと言うもので、企業でいえば経営理念のようなものです。

 

つまり、ライフデザインを実現するための地図のような役割をライフプランがするということです。

 

なお、住宅購入や年金などのシミュレーションをして数値化したものを狭義の意味でのライフプランとも言います。

 

ライフプラン作成のメリットは、将来に対する漠然とした不安が軽減されるということです。特にプランも練らずに不安だ不安だと言っていては気が滅入ってしまいます。なので、ライフプランをしっかり練ることで対策を立ててより楽しい人生を送れるようにしましょう!

 

大まかな将来設計の考え方

 

将来設計を立てようと言われても、いまいち立て方が分からないという人も多いと思います。そこで、世代ごとの将来設計の考え方についてポイントを紹介します。

 

これから将来設計を立てていきたいという人は参考にして下さい。

 

まず20代ですが、この時期は就職し社会人としてのマナーや基本知識を身に付ける時期です。

 

仕事のキャリアはもちろん、貯蓄や投資・保険・ローンやクレジットの基本的な知識もこの時期に身に付けましょう。結婚を視野に入れている人は結婚資金を貯め、既婚者なら養育費やマイホーム購入資金を貯めます。

 

30代は仕事のキャリアアップが見込める時期です。金融資産の運用を始めても良いかも知れません。既婚者なら、この時期は実際に住宅を購入したり、子供の進学資金が必要になったりとお金が良く動く時期です。

 

40代は仕事の面では働き盛りの時期ですが、親の介護や自分の老後を意識しなければなりません。また体の面でも20〜30代と違うので保険の見直しをするのにオススメの時期です。その他、住宅購入や住宅ローンの返済などもあります。

 

他の人の考え方や生き方はあくまで参考レベル

 

人それぞれ住んでいる環境も違いますし、能力であったり考え方も違います。

 

なので、他の人の生き方であったり考え方に共鳴したからと言って、まねしようとしてもなかなかうまくいかないんですよね。

 

より満足度の高い人生を送るためには、自分の価値観に合った計画を立てる必要があります。なので、自分が真似したいと思う人がいたとしても、あくまで参考にとどめておく必要があります。

 

では、どうやって計画を立てていくのかと言いますと、先ほども説明した通り自己分析を行うことです。言い方を少し変えると、自分の軸を持つということですね。

 

自分軸を持つことが大切

 

考え方がぶれない、行動に一貫性がある、決断力がある人と言うのは自分の中に曲げられない一本の軸があるんです。

 

この軸を持つことによって、どのような生き方をしていきたいのかということもはっきりしてくるでしょう。

 

自分軸の作り方

 

自分軸をつくるための方法はいろいろと書籍が出ていますけど、とにかく自分で手を動かすことが近道になります。

 

そこら辺で売っている自己啓発本を買ってきて読んでもいいんですけど、書籍の場合は読んだだけで満足して結局何も変わらない、なんてこともありますから。

 

ではどうするのかと言うと、簡単なところでいればブレインダンプであったりマインドマップがあります。

 

これは、自分の頭の中にあることをすべて出し尽くす、思考を整理する手法です。特におすすめなのは、マインドマップの作成ですね。

 

やり方はシンプルで、中心のトピックを自分にして、そこから放射状にいろいろと記入していけばいいんです。例えば、できるだけやりたくないこと(満員電車に乗りたくない、ずっと同じ場所で生活したくない、など)であったり、自分の趣味や、将来的にやりたいことなどです。

 

このマインドマップの作成によって、段々と自分の考え方、どのような生き方がしたいのかがまとめられていくんですよ。

 

ちなみに、このマインドマップの作成はノートで手書きと言うのでもいいんですけど、Xmindとい無料ツールがおすすめです(Xmindの使い方)。

 

使いやすいですし、何より無料なので。今回のマインドマップの作成以外にも、仕事とかでも使えるので一度使ってみてはいかがでしょうか?

 

自己分析+α

 

将来設計は、どのように生きたいのかを明確にすることから始まります。なのでまずは下記に示した事項などについて考えるなど、自己分析を行いましょう。

 

  • どのような場所で生活したいのか
  •  

  • どのような働き方をしたいのか
  •  

  • 何をして日々過ごしたいか
  •  

  • 家族がほしいか
  •  

  • 何歳まで働きたいのか
スポンサードリンク

 

関連ページ

人生を楽しくするための生活設計(ライフデザイン)の作成方法
人生を楽しくするためには生活設計することが大切です。目的をしっかりと作り生活しましょう。
将来の不安をなくす・軽減するためのライフプラン表の作り方
将来の見通しがないと、不安は増大します。そこで、ライフプラン表を作成することで、不安を軽減させることができるんですよ。ここでは、具体的なライフプラン表の作成方法についてご紹介します。
家計の見直し方を学んで漠然とした不安を取り除きましょう
生活が苦しい、いつもお金に困っているという人は、まず初めに家計の見直しを行うことが大切です。でも、初めてとなるとみなおし方がよくわかりませんよね。そこで、本記事で家計の見直し方について紹介していきます。
賃貸?それとも持ち家?住宅を選ぶ際のチェックポイント
賃貸か持家かと言う話は神学論です。どちらが得かではなく、どうしたら満足できる生活が可能なのかを考えましょう。
生命保険の加入・見直しもライフプランの作成からスタート
生命保険の加入・見直しもライフプランの作成からスタート
20代から考える老後に必要なお金の準備方法
20代から考える老後に必要なお金の準備方法
ビジョンボードを作って将来設計を現実にしよう
絵に描いた餅では仕方ありません。計画は立てることに意義があるのではなく、実行することに意義があるのです。そのサポートをしてくれるのがビジョンボードです。

トップページ サイトマップ 当サイトについて プロフィール リンク・お問い合わせについて