生命保険の加入・見直しもライフプランの作成からスタート

生命保険の加入・見直しもライフプランの作成からスタート

生命保険って、正しく加入している人って少ないんですよね。あなたはどうですか、もしかして適当に入っていませんか?

 

保険は今後の保証ということで、分けもわからず入っていたとしてもなかなか解約できませんし、逆に未加入で放置しているなんてことも多いです。そこで、ここでは生命保険の加入・見直しの流れ、重要なポイントについてご紹介します。

 

生命保険を見直すタイミング

 

生命保険を見直すタイミングとしては、社会人になった時や結婚したとき、子どもが生まれた時、家を購入したときなど多岐にわたります。

 

またこのほかにも、保険の更新であったり、離婚して再び一人暮らしに戻った時、遺産相続をして自分の資産構成が変わった時なども見直すタイミングです。

 

このように、生命保険を見直すべきタイミングと言うのは意外に多いものです。

 

なんとなく加入してお金を払っている

 

生命保険の場合、自分から進んで加入するほか、人に勧められてなんとなく加入し、結局そのままお金を払っているというパターンも多くあります。

 

そういった時は改めて月々の支払額、そして保障内容について考えてみましょう。扶養している家族がいないのに、死亡保障がたっぷりなんて意味ないですよね?

 

子供が生まれた場合

 

子供が生まれたということは、扶養する家族が増えたということです。

 

家族が安心して暮らせるように保障内容を拡大することなども考える必要があります。

 

生命保険への加入・見直しの前にするべきこと

 

生命保険は基本的に、将来的に何かあった時の備えという位置づけで加入します。つまり、将来何かあった時、その時に必要になる保障を明らかにしなければいけないというわけです。

 

こういった話をするのもあれですが、あなたが交通事故などで亡くなった時や、今後働けなくなった時に自分は、家族はどれくらいのお金があれば生活していけるのかを知ることが重要です。

 

でないと、いざとなった時に窮地に立たされることになりますから。

 

そのためにやるべきことが、ライフプランの作成と言うわけです。ライフプランとは、ライフイベントなどを勘案したお金の計画書、というものです。

 

ライフプラン表は保険の加入判断・見直しのほかに、現在の生活状況のままでいいのか?など、家計分析するのにも役立つのでできれば作成できるようになりましょう。

 

ライフプランをもとに加入・見直しを検討

 

作成したライフプランをもとに、現在加入している生命保険の見直しであったり、新規で加入するものを検討しましょう。

 

ただその際は、高額療養費制度であったり、傷病手当金などの制度も加味する必要があります。実は、私たちはいろいろな制度である程度の保障はすでに持っているんですよね。

 

住宅ローンなんかでも、団体信用生命保険と言うのに基本的に加入することになっていて、もしものときはその支払いをしなくて済むようになってますし。こういった注意事項なども勘案しつつ、ある程度加入するべきものが見えてきた、逆に解約すべきものが見えてきたらよく検討して実行に移しましょう。

 

新規加入であったり乗換の際は、複数の保険を検討するのが鉄則です。そのためには、生命保険の一括資料請求サービスが役に立つので、利用してみましょう。せっかくしっかり検討して新規加入や乗換を決めたのに、最後の最後で投げやりになったら結局無駄なお金を支払い続けることになりますからね。

 

保険では、同じような条件であっても支払額が大きく違うこともあります。例えば、月100円の誤差だったとしても、年間で1,200円、生命保険は支払い期間が長いのでその差はどんどん開いていきます。

 

生命保険の見直しで考えるべきこと

 

生命保険の見直しとしては、3つのパターンがあります。

 

保険料を減らす(保障内容を縮小する)

 

解約してほかの生命保険に乗り換えたり、特約を解約する方法などがあります。

 

保障内容を拡大する

 

新規に生命保険に加入したり、特約の追加、解約して新規の生命保険に乗り換える方法などがあります。

 

保険料の支払いを辞める

 

更新のタイミングでやめたり、払い済み保険(保険期間はそのままで、保障内容は縮小)、延長保険(保障内容はそのままで、延長期間は短くする)などの方法があります。なお、生命保険に新規に加入したり乗り換える際は、しっかり見積もりを取っておくことが大切です。

 

また、自分自身で見直すのに不安があるのであれば、保険見直しサービスも利用したほうがいいでしょう。最近はいろいろ厳しくなってるので、無理な勧誘もないですし、見直したからと言って必ず加入しなければいけないというわけでもありません。

 

ライフプランの作成に自信がない・面倒

 

ある程度お金について勉強すればライフプラン表は作れるようになりますが、そこからさらに生命保険のしくみであったりどんなものがあるのかなどを検討するとなると、自信がないという方も出てくるでしょう。

 

また、そんな時間がないという方もいると思います。保険の新規加入であったり、見直しってめんどうですもんね。もしそうであれば、無料の保険相談サービスを利用してみるのがいいでしょう。

 

こういったサービスを使う際に気になることはやはり、無理な勧誘がないかと言ったことや、本当にちゃんとした相談ができるか?だと思いますが、最近のこういった類のサービスはクオリティーが上がってきているので使ったほうがいいですよ。

 

勧誘についても厳しい目が向けられているので、悪質な物は少なくなってきていますし。ちなみに、私のおすすめは保険マンモスです。ここはイエローカード制と言って、提携しているFPに対して、無理な勧誘をしたり、無理やり加入させるようなことがあった場合の変更が可能になっています。

 

普通に生活しているとき、できている時には保険のありがたみは分からないものですけど、何かあった時に本当に力強い味方になってくれるので、しっかり検討してみましょう。

スポンサードリンク

 

関連ページ

ライフプラン・ライフデザインの作成前の準備|自分軸をしっかり持てるかがポイン
ライフプラン・ライフデザインの作成前の準備|自分軸をしっかり持てるかがポイン
人生を楽しくするための生活設計(ライフデザイン)の作成方法
人生を楽しくするためには生活設計することが大切です。目的をしっかりと作り生活しましょう。
将来の不安をなくす・軽減するためのライフプラン表の作り方
将来の見通しがないと、不安は増大します。そこで、ライフプラン表を作成することで、不安を軽減させることができるんですよ。ここでは、具体的なライフプラン表の作成方法についてご紹介します。
家計の見直し方を学んで漠然とした不安を取り除きましょう
生活が苦しい、いつもお金に困っているという人は、まず初めに家計の見直しを行うことが大切です。でも、初めてとなるとみなおし方がよくわかりませんよね。そこで、本記事で家計の見直し方について紹介していきます。
賃貸?それとも持ち家?住宅を選ぶ際のチェックポイント
賃貸か持家かと言う話は神学論です。どちらが得かではなく、どうしたら満足できる生活が可能なのかを考えましょう。
20代から考える老後に必要なお金の準備方法
20代から考える老後に必要なお金の準備方法
ビジョンボードを作って将来設計を現実にしよう
絵に描いた餅では仕方ありません。計画は立てることに意義があるのではなく、実行することに意義があるのです。そのサポートをしてくれるのがビジョンボードです。

トップページ サイトマップ 当サイトについて プロフィール リンク・お問い合わせについて