ビジョンボードを作って将来設計を現実にしよう

ビジョンボードを作って将来設計を現実にしよう

ビジョンボードを作って将来設計を現実にしよう

 

絵に描いた餅は食べれませんよ

 

当サイトでは、将来設計の重要性について、また、将来摂家の立て方について解説してきました。

 

人生は予測不能の連続ではありますが、無計画よりは計画を立てておいたほうがいいでしょう。計画なしに生きるということは、地図もなしに後悔するようなものです。

 

そうしますと、あらぬ方向に行ってしまい余計な労力を使ってしまうこともありますし、下手をしたら復帰できないなんてこともあります。だからこそ、将来設計が大切なのです。また、前提条件が崩れたら、その都度修正していけば問題ありません。

 

ただ、計画を立てたからと言って安心してはいけません。計画を立てても、それを実行に移せなければ意味がないのです。もしかしてあなたは、お正月計画を立てても忘れてしまうタイプではありませんか?

 

そうならないためには、ビジョンボードと言うものを作ってみることをおすすめします。

 

ビジョンボードって何?

 

ビジョンボードがどういったものなのかご紹介します。

 

ビジョンボードのキホン

 

ビジョンボードは、宝の地図と呼ばれたりもします。簡単に言いますと、夢や目標を視覚化したものです。

 

人間は何でもすぐに忘れる生き物であり、イメージできないことは実行できません。だからこそ、夢や目標など実行したいことを視覚化し、毎日イメージする必要があるのです。

 

イメージをしっかり持てていれば、達成は難しいかなと思えるようなものでも案外達成できるものです。

 

夢や希望を達成するためにそれらを一覧にして毎日音読する人などもおり、その効果の高さは実証されています。ただ、文字で見るよりも、視覚化したほうがさらにイメージしやすいということもあるので、私はビジョンボードをおすすめします。

 

ビジョンボードの作り方

 

ビジョンボードは、紙であったりノート、コルクボードに達成したいことや憧れの写真や雑誌の切り抜きなどを張り付けるだけです。

 

ただ、その作業が面倒だというのであれば、PCの画面に画像を張り付ける方法がおすすめです。

 

その際、なんでもペタペタ張ってしまうのではなく、しっかりと将来設計に即したものを張るようにしましょう。

 

ビジョンボードの例

 

ビジョンボードの例については、検索すればいろいろ出てきますのでそれらを参考にしてみてください。

 

なお、これは一例ではありますが、例えばライフプラン表であったり、貯金の目標額などを表示してみるのも面白いかもしれません。


スポンサードリンク

 

関連ページ

ライフプラン・ライフデザインの作成前の準備|自分軸をしっかり持てるかがポイン
ライフプラン・ライフデザインの作成前の準備|自分軸をしっかり持てるかがポイン
人生を楽しくするための生活設計(ライフデザイン)の作成方法
人生を楽しくするためには生活設計することが大切です。目的をしっかりと作り生活しましょう。
将来の不安をなくす・軽減するためのライフプラン表の作り方
将来の見通しがないと、不安は増大します。そこで、ライフプラン表を作成することで、不安を軽減させることができるんですよ。ここでは、具体的なライフプラン表の作成方法についてご紹介します。
家計の見直し方を学んで漠然とした不安を取り除きましょう
生活が苦しい、いつもお金に困っているという人は、まず初めに家計の見直しを行うことが大切です。でも、初めてとなるとみなおし方がよくわかりませんよね。そこで、本記事で家計の見直し方について紹介していきます。
賃貸?それとも持ち家?住宅を選ぶ際のチェックポイント
賃貸か持家かと言う話は神学論です。どちらが得かではなく、どうしたら満足できる生活が可能なのかを考えましょう。
生命保険の加入・見直しもライフプランの作成からスタート
生命保険の加入・見直しもライフプランの作成からスタート
20代から考える老後に必要なお金の準備方法
20代から考える老後に必要なお金の準備方法

トップページ サイトマップ 当サイトについて プロフィール リンク・お問い合わせについて