20代の平均貯金額は?あなたは順調にお金を貯めることができていますか?

20代の平均貯金額は?あなたは順調にお金を貯めることができていますか?

20代の平均貯金額は?あなたは順調にお金を貯めることができていますか?

 

社会人となり一人暮らしを始め、貯金を意識し始める方も多いと思います。ただ、どれくらいの貯金額を目指したら良いか分かりませんよね?

 

かといって、お金のことを同期や先輩などには聞きづらい・相談しにくいという方もいるのではないでしょうか。そこで、本記事で20代の平均貯金額を紹介するので参考にして下さい。

 

貯金額はどれくらい

 

金融広報中央委員会「知るぽると」の調査結果によると、20代単身世帯の平均貯金額は342万円。中央値は129万円となっています。

 

意外と平均値が高いことに驚くかもしれません。しかし注目して欲しいのは中央値です。

 

中央値というのは、ちょうど真ん中に来る数値のこと。貯蓄が5万円、50万円、500万円の三人がいれば平均は185万円です。しかし、中央値は50万円となります。

 

それを踏まえてみると20代単身世帯なら、120万円前後を貯金額の目標に置くのがベストではないでしょうか。もちろんこの数値は二人世帯だと多いですし、結婚を既に考えているなら目標額をもっと増やしても良いでしょう。

 

貯金のワンポイントアドバイス

 

120万円と聞いて、どのように思われたでしょうか。すでに貯まっている、今のペースで十分達成するめどがついているという方は、さらに高い目標を設定してみてもいいでしょう。

 

しかし、そんなの全然無理と思うなら、貯金するためにお金の使い方を考える必要があります。そのためには家計簿をつけるなどして、支出の内訳を明確にするのがいいでしょう。

 

ただ、そういったことをするのが面倒だというのであれば、とっておきの方法があります。

 

お金をためる仕組みを作る

 

それが強制天引き貯蓄法です。

 

やり方はいたってシンプル、給料が入ったらそのうちの何割かを強制的に貯蓄用の口座に移してしまうのです。

 

そして、残ったお金で生活することで支出コントロール力も付きますし、自然とお金が貯まる体質を身につけることができるようになります。

 

ただ何となく貯めるのは辞めよう

 

もう一つおまけです。お金を貯めるためには、なぜ貯めるのかと言うことを明確にしましょう。

 

ただ何となく将来が不安だからと言うのでは、なかなか貯めることが難しいのが現状です。人間って、イメージできないことは達成する気になれないんですよね。

 

なので、現実的な範囲で目標を決めてみるとイメージが明確になり、不思議とお金がためられるようになります。

 

⇒ お金を貯める理由を明確にする

 

20代という時期に貯金をしておくのは、非常に重要です。

 

仕事面で言えば30代、40代で独立したり転職した時の資金として、20代の内の貯金が重要になってくるからです。独立も転職も考えていないと言う人もいるかもしれません。

 

しかし昔のように、会社に入れば定年まで会社員として保障されるという訳ではありません。30代以降、会社内で技術と知識を武器に生き残るためには勉強や人脈づくりが不可欠です。

 

勉強や人脈づくりにはお金がかかるので、独立するしないにかかわらず、20代の貯金は重要になります。

 

また家庭に目を向ければ、30代、40代にもなると結婚や住居の購入費、子どもの教育費など必要なお金は一気に増えてきます。20代での貯金には、まとまったお金が必要になったときの準備の意味もあります。

 

家計に不安があると、仕事での新しい挑戦もしづらくなります。独立や転職という考えも放棄せざるを得なくなるかもしれません。

 

目の前に訪れたビジネスチャンスを逃さない為にも、若い時から貯金しておくことが重要です。

 

20代が貯金をする時に意識したいこと

 

20代の方が貯金をする時に意識して欲しいことを紹介していきます。

 

貯金に回すお金を支出する為にも無駄なお金を使わないことは大切です。

 

財布や銀行口座を見て、何でこんなに減ってるんだ?と思うことはあるでしょう。そのような使い道を思い出せないような支出は失くすべきです。

 

20代の内に勉強したり資格を取ったりすることは、将来のために役立ちます。こういった自己投資にもお金はかかりますが、そこはケチらないようにしましょう。

 

大きなお金を使う前は投資か浪費かを良く考えて行動することが重要です。ただ、浪費を徹底的に削ると飲み会にも行かず、趣味・娯楽も無い生活になるので、適度な浪費はご褒美と捉えましょう。

 

最後はクレジットカードの利用についてです。

 

クレジットカード自体はポイントも貯まるので、節約の強い味方です。

 

しかし、現金と違い自分のお金を払っている感覚が薄れやすく、浪費しがちになります。貯金の障害にもなりえるので、使用状況を確認しながら計画的に使いましょう。

 

以上が20代の方に貯金をする時に意識して欲しいことになります。

 

お金を貯めるコツ

 

貯金を本格的に意識し始めるのは社会人となり給料を貰い始める20代からではないでしょうか?

 

そこで20代から始める貯金のコツについて紹介したいと思います。ただその前に、最初に気になる「どのくらい貯金をするのか?」ということについてお伝えします。

 

よく言われるのは給料の25%を貯金に回す、つまり手取り20万円ならば5万円貯蓄に回すわけです。しかし、実家暮らしならまだしも、一人暮らしで更に家賃の高い都心ともなると厳しい数字です。なので、最初は10%くらいから貯蓄に回していくのがおすすめです。

 

余裕が出てきたら貯蓄に回す割合を増やしていきましょう。

 

我慢しすぎないのも重要です。20代といえば当然、遊びたい年代でもありますし、いくら貯金の為とは言え我慢のし過ぎでは退屈すぎます。なので、一つ何かを我慢したら何か遊びに使うといった感じにするとバランスが取れます。

 

例えば、ゲームソフトの購入を我慢して漫画を買う、タバコを我慢してお酒を飲みに行くなどですね。

 

20代からお金を貯めておくと30代・40代でお金が必要になった時に役立つので、小額でも良いので貯蓄に回しましょう。

 

20代の毎月の貯金額は?

 

毎月の給料の中からどれぐらい貯金に回すべきなのか迷いますよね。

 

そこでマイナビウーマン調べによる、20代から30代前半・男性の毎月の貯金額を紹介します。20代から30代前半・男性の毎月の貯金額で最も多かったのが、4万円以上6万円未満で27.9%です。

 

次いで多いのが2万円未満で21.1%、その次が2万円以上4万円未満で20.4%です。6万円未満の貯金額という男性が7割近いです。

 

20代から30代前半ということを考えれば妥当かもしれません。ただ、10万円〜20万円未満の人も18.8%もいるので貯めている人はかなり貯めているのでしょうね。

 

⇒ 20〜30代の毎月の貯金額はいくら?

 

4万円以上6万円未満という金額は決して少なくありません。加えて20代となるとまだまだ給料も少ないです。手取りが20万円だとしたら、2割以上も貯金に回すことになります。

 

貯蓄のためにマイボトルを会社に持参してドリンク代を節約したり、最近は自分で弁当を作る弁当男子と言われる人もいます。

 

少数派ですが、株式や投資信託を利用して資産自体を増やす人もいます。


スポンサードリンク

 

関連ページ

これでお金が貯まらない生活から抜け出せる!お金の貯め方入門
お金を貯めるコツについて紹介しています。お金を貯めるということは将来の選択肢を増やすということなので、コツを抑えてお金を貯められるようにしましょう。
貯金できない!からの脱却|お金持ち社会人になるための貯金のコツ
お金持ち社会人になるためには、貯金のコツを学ぶことが大切です。現在お金が思うようにたまらなうて困っているあなたへ、貯金のコツをご紹介します。
財形貯蓄制度の特徴とメリット・デメリット【まとめ】
財形貯蓄制度について解説しています。
車は金食い虫!?車を維持するコストの話
車は地方であれば必須なのはよくわかるのですが、できるだけ持たないように心掛けることが大切です。ここでは、車を保有せずに賢く利用する方法について紹介しています。
お小遣い制サラリーマンのためのお金の貯め方入門
お小遣い制サラリーマンのためのお金の貯め方入門
20〜30代の毎月の貯金額はいくら?
20〜30代の毎月の貯金額はいくら?と言うちょっと周りの人には聞けないような話を書いています。

トップページ サイトマップ 当サイトについて プロフィール リンク・お問い合わせについて