貯金できない!からの脱却|お金持ち社会人になるための貯金のコツ

貯金できない!からの脱却|お金持ち社会人になるための貯金のコツ

せっかく社会人になったのにお金がいつもカツカツで大変・・・

 

こんな状態になっていませんか?社会人になるとお金のことは自分で考えて管理しないといけないですし、お金がなくて困っている状態はなんだか悲しいですよね。

 

お金がないからあきらめる、そのような状態から脱出するためには貯金のコツを学び、身につけることが重要です。

 

その貯金のコツですが、いたって単純です。収入が支出を上回る、言い換えれば支出が収入以下の状態を作れば自然とお金は貯まっていきます。

 

お金を貯めるには?

 

お金を貯めるためには、下記2つのことを意識する必要があります。

 

@ 収入を増やす

 

A 支出を減らす

 

一見収入を増やすほうが楽なようにも見えますが、実はその考え方は失敗の始まりです。収入を増やすのは言葉でいうほど簡単ではありませんし、収入が増えたらそれだけ支出も大きくなってしまいがち。

 

現在景気が上向きつつある中で、昇給率自体はそこまでよくないですからね。それに、頑張ったら頑張った分だけ見返りがあるとも言い難いですし、最悪の場合責任だけ増えて給料は増えない、なんてこともあります。

 

それと、一番注意してもらいたいのは無意味な残業をして残業代を稼ぐ方法です。これは最悪。自分の時間の切り売りであり、実になりません。

 

自分の時間はかなり優先度が高い、資産価値のあるものだと認識してください。無為な時間はマイナスでしかありませんよ。

 

なので、まずは支出を減らすことから始めましょう。支出のコントロールはある程度意識してできますからね。

 

そのためには、何にいくら使っているのかを知ることが必須です。お金がなぜか貯まらないという人は大抵何にいくら使っているのか把握していないものです。

 

そこで有効なのがレシートをためておき、気が向いたときに一気に集計してみる方法です。

 

できれば毎日記録していったほうがいいんですけど、それだとストレスになりますし、途中で放棄してしまう可能性がかなり高くなるのでおすすめできません。

 

初めはテキトーに始めて、どこまで細かくやっても続けられるのか絞っていくのが長く続けるコツです。

 

ちなみに、その記録で力を発揮するのは家計簿ですが、チャレンジしたことはありますか?もしつけたことがないのであれば、一度やってみてください。

 

やり方としてはノートであったりエクセルがあるんですが、おすすめはマネーフォワードと言う自動家計簿作成ツールです。このツールは無料ですし、自動で家計簿が出来上がるので使っている人が増えてきているんですよ。

 

付き合いは程々に

 

社会人になると付き合いが増えることが多いんですけど、呼ばれたらどこでもいく、これではお金が貯まらないです。

 

特に飲みに行くと1回あたり5,000円くらいは飛んでいきますからね。なかなか断りづらいこともあるでしょうが、本当にその付き合いが必要なのか考えてみてください。

 

削れるところから削る

 

支出の削減については、まずは削れるところから削るのがお手軽です。やり方としては、日々の支出をとりあえず3カ月ほど記録した後に、いらないことをピックアップして実際に削っていく流れですね。

 

ただし、食費や間食の費用などいわゆる変動費はストレス発散の意味合いを兼ねていることもあるため、今までの支出をいきなり0にしたり大きく削るのはおススメできません。

 

そこでおすすめなのが通信費や家賃などいわゆる固定費から削減するということです。このような支出は一度削ってしまえば後は意識せずともずっと効果を発揮してくれるというメリットがあります。

 

例えば家賃を1月1,000円でも下げられれば年間で1万2,000円の節約効果を得ることができます。

 

天引き貯蓄が最強

 

貯金の最大のコツは初めから貯金してしまい、その残りで生活するということです。

 

いくら天引きすればいいのかは各人の状況によって変わりますが、支出のパターンを把握すればある程度の目安が浮き上がってくるので、それを参考にしながら初めは簡単なラインから始めてみましょう。

 

なおこれも大切なポイントなのですが、ボーナスはパーッと使ってしまうのではなくて基本的に貯蓄に回すことが大切です。

 

ちなみに天引き貯蓄の場合は財形貯蓄と言う制度を使う方法もありますが、それだともろもろの手続きがちょっぴり面倒なので、自分で給与口座とは別に新たに口座を作るのがいいでしょう。

 

おすすめなのは楽天銀行です。というのも、楽天証券の口座も開設して連携させると、普通預金の金利が通常の5倍になるんですよ。

 

これが地味に大きくて、使い勝手がいいので気に入っています。連携のさせ方も特に書類が必要とかそういった面倒事はないですし、利用条件もないんです。

 

貯金しようと思うんだけど気付いたらお金がない・・・

 

ガマンしすぎて逆にお金を使ってしまった・・・

 

このような経験をしている人も多いことでしょう。貯金て簡単なようで、意外に難しいんですよね。

 

お金があったら使ってしまう、それは人の習性によるものです。でも、だからと言ってこれから先も無貯金生活ではまずいんですよね。

 

なぜなら、何かあった時に生活がすぐに行き詰ってしまいますし、選択肢を狭めることにもなります。何より、稼ぎ続けないといけなくなるので、年をとってもどこか勤め先を探し回る、なんてことになりかねません。

 

貯金ができない生活から抜け出す方法

 

貯金ができない人は、まず自己分析から始めてみることをおすすめします。

 

その方法の一つが家計簿をつけることで、自分が何にいくら使っているのかを明確にするのがポイントです。

 

ただし、商品名など細かいところまで記録しようとすると挫折しやすくなってしまうため、食料や日用品など大きな分類で記録をつけてみましょう。

 

なお挫折しないためには、レシートをもらう癖をつけたり、スイカなど電子マネーでの購入を積極的に行って精算履歴の印字で対応するなど、何にいくら使ったのか思い出す手間を省く仕組みづくりをすることが大きなポイントです。

 

ちなみに、私は自動で家計簿の作成ができるマネーフォワードと言うツールを利用しています。

 

無料で利用できるんですが、機能は充実していて使い勝手もいいんですよね。

 

このツールを使えば家計簿作成の手間も省けますし、手書きやエクセルでつけるよりも挫折しにくいです。実際、私はエクセルで挫折したものの、マネーフォワードは使い続けられています。

 

自分の消費行動がわかった後は?

 

消費行動が明確になったら、次は削れる部分がないか検討をしましょう。

 

その際、間食費などいわゆる変動費よりも先に、家賃や通信費などの固定費が削れないか検討してください。

 

貯金できない人の特徴

 

貯金できない人の特徴として、下記のような事項が当てはまります。他人のふり見てわがふり直せではありませんが、自分の行動と照らし合わせてみましょう。

 

  • なんとなくコーヒーなどを買ってしまう(ラテマネー)
  •  

  • 無駄な飲み会に行く(愚痴大会、時には必要ですが頻繁に行くのは無駄)
  •  

  • 貯金する必要性を感じていない(そうした人はそもそもこの記事を見ていないと思いますが、しようと思わなければできません)
  •  

  • ギャンブルにはまっている人(自分をコントロールできないと貯金できませんよ)
  •  

  • ATM手数料など、小さな出費を無視
  •  

  • たばこを吸っている

 

などです。細かいことではありますが、上記のような事項が積み重なってお金が貯まらない体質になっている人が多く見受けられます。

 

貯金できる仕組みを作ることが大切

 

貯金をしようと意気込むのもいいですが、やる気がなくてもお金が貯まるような仕組みを作るのがポイントです。

 

その簡単な方法は天引き貯蓄で、お金が入ったらそのうちの一部をすぐに貯金することです。

 

そして、はじめからその分のお金はないものとして生活することで自然と、そして無理なくお金を貯めることができるようになります。

 

そのためには新規に銀行口座を作ったほうがいいのですが、おすすめは楽天銀行です。

 

なぜなら、合わせて楽天証券の口座も開設して連携させると、普通預金の金利が通常の5倍になるからなんですよ。

 

金利が高ければお金を貯める気にもなりますし、実際ほかの銀行よりも効率よく運用もできますからね。

 

なお、そうして貯めたお金は定期預金などですぐには使えないようにしておくことも忘れずに。

 

お金を貯める目的を持つ

 

貯金できない人は、なぜ貯金するのかその目標を明確にしておくのもいいですね。

 

ただ何となく貯めようと思っても、ついつい甘さが出て使ってしまいますから。今日くらいは散財してもいいかな、みたいに。

 

貯金と一言で言っても方法は様々ですよね。まずは、自分に合った貯金の方法を見つける事が上手に貯金をするコツではないでしょうか??

 

そこで今回は、いくつか貯金のコツをご紹介していきたいと思います。

 

お金を貯めるコツ

 

お金を貯めるコツについてご紹介します。

 

目標設定

 

貯金。もちろん貯金はあるに越した事はありません。しかし、自分の意思の弱さからつい貯金に回すはずだったお金を使ってしまったり・・・。そんな事もあるのではないでしょうか??

 

上手に貯金する為のコツ。それは、やはり目標設定だと思います。

 

例えば、1年間に○○円貯めるぞ!でも良いでしょう。

 

1年間というスパンが長いと思う人でしたら、半年で○○円貯めるぞ!でも良いと思います。

 

人間、やはり目標がないと自分の意思に負けてしまう事もあると思います。

 

ただ漠然とお金を貯めるのでは、モチベーションも上がりませんよね。目標を立てれば、人は不思議とモチベーションがあがります。これがコツです。

 

そして、その目標を達成した時は達成感も味わう事が出来ますし、貯金も出来ています。

 

まずは、自分が確実にクリア出来そうな目標を定め、それに向かって貯金していく事。それこそが貯金のコツではないでしょうか??

 

皆さんも、目標を定め貯金にチャレンジしてみてはいかがでしょうか??

 

小銭貯金

 

例えば、毎日500円1枚を貯金箱の中に入れるとします。すると1週間で3,500円ですね。4週間で14,000円貯金する事が出来ます。

 

1年間継続すれば18万2,000円ものお金になりますよね。毎日コツコツ貯金するのが好きな方にはとても向いている方法だと思います。

 

この方法は確かに計画的に貯めたいと言う方には向いていないんですけど、目標を立てるとそれを達成しなければいけないというプレッシャーで逆に貯められない人もいます。この方法であればゲーム感覚で貯めることができますし、持った時の重みを感じて小さい達成感を得ながら楽しく貯められるので貯金が今までできなかったという人はこのように簡単なところから始めてみましょう。

 

まずは貯金するという行為を習慣化させることが大切です。

 

定期貯金

 

ベタですが、自分の意思が弱く、毎月の支出から残った金額を貯金に充てようとは思うがなかなか貯金分のお金が残らない・・・という方にはとてもおススメの方法だと思います。

 

給料が入ったらすぐに預貯金用の口座にお金を移す、財形貯蓄制度を活用するなどして、強制的にお金をためる仕組みを作りましょう。

 

この様に貯金の方法は自分に合った方法で行うのが、貯金を上手に行うコツだと言えるでしょう。皆さんもこの機会に、自分に合った方法で貯金をしてみてはいかがですか?

 

貯金する為の節約のコツ

 

貯金するには、日々の暮らしの中で節約していくことが大切です。何も考えずにお金を好きなように使っていては、なかなかお金を貯めることはできません。

 

とはいっても、何でもかんでも我慢してガムシャラに節約するのももちろんNGです。

 

そこで、今回は貯金する為の節約のコツを紹介したいと思います。

 

何にいくら使ったのかを把握する

 

皆さんは、先月何にいくら使ったのか覚えていますか?覚えているようで実際には覚えておらず、何に使ってお金が減ってしまったのか覚えていない方も多いのではないでしょうか?

 

やはり、一番の節約のコツは何にいくら自分が使ったのか明白にする事です。男性で家計簿まで付けている方はなかなかいらっしゃらないとは思いますが、最近では簡単に収支が付けられるスマートフォンのアプリもあります。

 

アプリなら簡単に収支を付ける事が出来るのではないでしょうか?

 

実際、私もそういったアプリを使っているのですが、エクセルで悪戦苦闘しながら家計簿をつけていた時代と比較して格段に楽に、そして正確にお金の動きがわかるようになっています。なお、私はマネーフォワードと言う自動の家計簿作成アプリを利用しているのですが、そのレビューは下記リンク元を参照してみてください。

 

収支を付けてみると、自分がどこにお金を沢山使っているかが明白になり来月は気を付けよう、と反省する事も出来ます。

 

やはり、節約のコツは自分が何にいくらお金を使っているのか知る事です。

 

なかなか節約出来ないという方は、一度ご自身の家計簿を付けて貯金を目指してみてはいかがでしょうか??

スポンサードリンク

 

関連ページ

これでお金が貯まらない生活から抜け出せる!お金の貯め方入門
お金を貯めるコツについて紹介しています。お金を貯めるということは将来の選択肢を増やすということなので、コツを抑えてお金を貯められるようにしましょう。
財形貯蓄制度の特徴とメリット・デメリット【まとめ】
財形貯蓄制度について解説しています。
車は金食い虫!?車を維持するコストの話
車は地方であれば必須なのはよくわかるのですが、できるだけ持たないように心掛けることが大切です。ここでは、車を保有せずに賢く利用する方法について紹介しています。
お小遣い制サラリーマンのためのお金の貯め方入門
お小遣い制サラリーマンのためのお金の貯め方入門
20代の平均貯金額は?あなたは順調にお金を貯めることができていますか?
人は人、自分は自分と言うのは正しいですが、それでもやっぱりほかの人の状況って気になってしまいますよね。また、お金の事情と言うのは公表しづらいので、ブラックボックスになることが多いと思います。そこで本記事では、20代の平均貯金額は?と言う疑問にお答えします。
20〜30代の毎月の貯金額はいくら?
20〜30代の毎月の貯金額はいくら?と言うちょっと周りの人には聞けないような話を書いています。

トップページ サイトマップ 当サイトについて プロフィール リンク・お問い合わせについて