財形貯蓄制度の特徴とメリット・デメリット【まとめ】

財形貯蓄制度の特徴とメリット・デメリット【まとめ】

 

財形貯蓄制度は、”勤労者財産形成貯蓄”の略称で、文字通り財産形成を行うのに有効な制度です。

 

どのような制度かというと、毎月の給料から自分で決めた額を天引きで貯めていく制度です。

 

利用できる人はサラリーマンや公務員のほか、アルバイトや派遣社員なども財形貯蓄における積立期間要件を守れば利用できます。

 

財形貯蓄制度を導入しているところも多いかと思いますが、知名度はそんなに高くないんですよね。職場で加入を勧められることもあるかと思いますが、よくわからずにどうしようか悩んでいる人もいるでしょう。

 

そこでここでは、財形貯蓄制度はどういった制度なのかその特徴や、メリット・デメリットについてご紹介しますので、参考にしてみてください。

 

財形貯蓄には3つ種類がある

 

財形貯蓄制度には、3つの種類があります。それぞれで特徴が違うので、まずはどういった特徴のあるものなのか簡単に説明します。

 

@ 一般財形貯蓄

 

資金目的は決められておらず、税金の優遇措置はありません。単純に天引きでお金を貯める制度です。

 

なので自分でお金を貯めることができず強制的に貯蓄したい人にはおすすめめですが、自分で有効にお金を貯められるのであればわざわざ利用しなくてもいいと思います。

 

解約する際にはある程度手続きに時間と手間もかかりますからね。

 

A 財形年金貯蓄

 

資金目的は、老後における年金資金の準備金です。貯蓄型と保険型があり、550万円まで利子の税金は非課税です。

 

B 財形住宅貯蓄

 

資金目的は、住宅の取得や増改築など住宅に関する資金準備です(原則として60歳以降の年金受け取り以外での払い出しはペナルティが付きます)。

 

貯蓄型と保険型があり、550万円まで利子の税金は非課税です。

 

財形貯蓄制度のメリットとデメリット

 

働き初めであまりお金を貯める仕組みづくりができていないのであれば、一般財形貯蓄を利用して無理やりにでも貯める仕組みを作ってみるのもいいかもしれません。

 

この、貯蓄する仕組みを強制的に作れるというのが、財形貯蓄のメリットでしょう。給与からの天引きなので、負担感も少なくて済みます。

 

またその他に、財形住宅融資というものもあるんです。これは、財形貯蓄を1年以上利用するなどの条件を満たすことで利用できます。

 

⇒ 財形住宅融資について詳しい説明はこちら

 

プラスアルファとして、あなたの勤めている会社が財形給付金や財形基金制度を用意している場合、そのメリットもあります。会社から財形貯蓄制度を利用している人に補助が出る、ということですね。

 

こういった制度が会社にあれば、ある意味余計にお金がもらえるということでもありますし、利用を検討する大きな要因となります。

 

逆にデメリットを考えてみると、一般財形は積み立ててから1年は引出しに制限がある、といったところでしょうか。

 

また、非課税メリットがないこともあり、自分でしっかりと貯蓄できるのであれば必要ないかもしれません。

 

また残りの2つでについてですが、目的以外での払い出しの場合は過去にさかのぼり課税されるというデメリットがあります。メリットについて改めて書きますと、非課税であるということです。

 

財形貯蓄以外の選択肢も持ちましょう

 

個人的には、この財形貯蓄はあまり必要ないんじゃないかなと思います。隠れボーナス的な感じで持っている人もいるでしょうが、それだと資産の全体像がわかりませんからね。

 

なので、どちらかと言えば普段使っている口座とは別に新たに銀行口座を作り、そちらにお金を移して貯めていったほうがいいと思います。

 

セルフ天引き貯蓄、ということですね。ちなみにおすすめの銀行口座は楽天銀行なんですが、合わせて楽天証券の口座も開設して連携させると、普通預金の金利が通常の5倍になります。

 

証券口座を作るのに費用はかかりませんし、口座を維持するのにお金を払うこともありません。私は口座連携をしていますが、特に面倒な手続きも費用ありませんよ。

 

ちょっとした手間を面倒だと思ってやらないと、結構な差がつきます。既に他の証券会社や銀行をメインとしていて乗り換えなど行わないというのであれば別ですが、模試そういったポリシーがないのであれば活用してみてはいかがでしょうか。


スポンサードリンク

 

関連ページ

これでお金が貯まらない生活から抜け出せる!お金の貯め方入門
お金を貯めるコツについて紹介しています。お金を貯めるということは将来の選択肢を増やすということなので、コツを抑えてお金を貯められるようにしましょう。
貯金できない!からの脱却|お金持ち社会人になるための貯金のコツ
お金持ち社会人になるためには、貯金のコツを学ぶことが大切です。現在お金が思うようにたまらなうて困っているあなたへ、貯金のコツをご紹介します。
車は金食い虫!?車を維持するコストの話
車は地方であれば必須なのはよくわかるのですが、できるだけ持たないように心掛けることが大切です。ここでは、車を保有せずに賢く利用する方法について紹介しています。
お小遣い制サラリーマンのためのお金の貯め方入門
お小遣い制サラリーマンのためのお金の貯め方入門
20代の平均貯金額は?あなたは順調にお金を貯めることができていますか?
人は人、自分は自分と言うのは正しいですが、それでもやっぱりほかの人の状況って気になってしまいますよね。また、お金の事情と言うのは公表しづらいので、ブラックボックスになることが多いと思います。そこで本記事では、20代の平均貯金額は?と言う疑問にお答えします。
20〜30代の毎月の貯金額はいくら?
20〜30代の毎月の貯金額はいくら?と言うちょっと周りの人には聞けないような話を書いています。

トップページ サイトマップ 当サイトについて プロフィール リンク・お問い合わせについて