手軽そうに見えて実は危険?リボ払いの仕組みとメリット・デメリット

手軽そうに見えて実は危険?リボ払いの仕組みとメリット・デメリット

 

ウリボー可愛いですよね!!あれ?知らないですか。

 

ウリボーは某金融会社のリボ払いを推奨するためにいるキャラクター(最近はこのCMやってないですけど)です。では、リボ払いは知っていますか?

 

リボ払いとはクレジットカードの支払方法の一つであり、正直恐ろしい仕組みです。

 

これからそのリボ払いの特徴について解説していきますが、体験談を漫画で紹介している人もいて、それがわかりやすかったのでその漫画へのリンクも張っておきます。

 

⇒ 本当にあったお金の怖い話

 

クレジットカーでの支払い方

 

まずは、リボ払いを含む3つのクレジットカードの支払方法についてご紹介します。

 

一括払い

 

ボーナスなどで一括払いと言うこともあれば、翌月一括で払うというようなこともあります。一括払いであれば、手数料は必要ないので余計なコストがかかりません。

 

分割払い

 

分割払いは、3回、5回、6回など、支払う期間を自由に選べる支払い方です。

 

この方法ですと、新たに借り入れが増えた場合一回当たりの返済額がより大きくなり負担感が増します。実際負担が増えてるわけですが。

 

また、金利手数料が発生する(回数によってはかからないこともある)ので、プラスアルファのコストがかかってきます。

 

リボ払い

 

リボ払いですが、これは毎月一定額の返済を行うというもの。つまり、返済額を固定するということです。分割払いと同様、金利手数料が発生します。

 

返済方法にはいろいろな種類がある

 

返済方法には定額方式(元利定額、元金定額)や定率方式(元利定率、元金定率)、残高スライド方式(残高スライド元利定額、残高スライド元金定額、残高スライド元利定率、残高スライド元金定率)があり、各方式によって負担する利息は変わってきます。

 

リボ払いのメリット・デメリット

 

リボ払いにをするメリット・デメリットについてご紹介します。

 

リボ払いのメリット

 

リボ払いにもメリットがあるといえばありますが、あまり多くはありません。

 

月々の支払額が一定になる

 

よくアピールされるのが、月々の支払額を一定にすることができる、という点です。

 

月々の支払額が一定になることで、資金的余裕がなくても使いやすいということがあります。

 

多くお金を使う月と極端にお金を使わない月がある、といった場合バランスよく使えるわけですね。

 

また、支払額がある程度決まっているので家計管理がしやすい、というのも喜ばれるポイントです。

 

リボ払いのデメリット

 

リボ払いには、多くのデメリットが存在します。

 

利息が高い

 

利息は一般的に年率15%程度に設定され、それを日割りで計算して支払っていきます。

 

年率15%、どうですか?安いと感じる人はほぼいないでしょう。最近では低金利のカードローンもあり、リボ払いよりも低いコストで利用できることもあります。

 

しかも、利息は支払残高にかかってくるので、その負担感は大きいんですよ。

 

返済期間が長引く

 

利息が高いので無計画に利用することにより支払残高が増加し、返済期間が長引く恐れがあります。

 

たとえば、毎月1万円支払っていたとしても、毎月2万円使っていたら元金は減らないどころか支払残高は増加し、さらに高い利息が付くことでその額は大きくなってしますんです。

 

結果として、返済期間が長引いてしまい、長期間悩まされることになります。

 

借金をしている感覚が薄くなる

 

毎月返済はしているので、なんだか使った分はしっかり返せています、という感覚になります。

 

なので、今月分の支払いは終わったし、また買い物しようとなります(借金をしている感覚が薄くなる)けど、実際は支払わなければいけないお金が残っているので利息は発生するんです。

 

※ 毎月の支払額内に収まっていれば別です

 

結局のところ、リボ払いはお金を借りて支払う金額を一定にさせてもらっているだけなので、その点はしっかりと肝に銘じておかなければいけません。

 

リボ払いへの誘い水に乗らないようにすることが大事

 

上で紹介したとおりリボ払いの利息は高く、利用者にとって負担感があまりないのでだらだら利用してくれる、ということで良い収益源となっています。

 

そのため、リボ払いを利用してもらおうということで、いろいろな策が練られているんです。

 

たとえば、「リボ払い専用のカードの場合は年会費が無料」「リボ払いだと他のものよりポイントが多くつく」といったものから、「申込みの際あらかじめリボ払いが選択されている」といったものまであります。

 

リボ払いの内容をよく理解し、どういったメリット・デメリットがあるのかわかった上でリボ払いを選んでいるのであれば良いですが、知らず知らずのうちにリボ払いをしてしまうこともあるんです。

 

なので、クレジットカードを利用する場合には契約内容・利用規約をよく読むとともに、明細の内容もしっかりチェックして何か異変はないか、思い違いはないか確認しておくことが大切になります。

 

家計に余裕があるのにリボ払いをしているなら

 

リボ払いは資金的に厳しい人が苦肉の策で利用するものといった感じで、家計に余裕のある人があえて使う「うま味」はあまりないでしょう。

 

もし資金的に余裕がある(預貯金が多くあったり株など投資をしている)のにリボ払いをしているのであれば、すぐに辞めてしまった方が良いです。

 

リボルビング払いから抜け出す方法

 

リボ払いの危険性を知り、まさに自分が今負のスパイラルに陥ろうとしていると気づいたら、リボ払いから抜け出すための行動に出る必要があります。

 

解決策として一番良いのは、一括で返済することです。もし一括での支払いが難しい場合は、毎月の支払額をできるだけ高い価格に設定すると良いでしょう。

 

少額であっても、利息の負担感がある程度解消されます。

 

リボ払いに頼らない家計を作る

 

リボ払いは結局借金することで毎月の支払額をならすというもので、余計なコスト(高い利息)がかかってきます。

 

そうはいってもコストを払えば支出が(見かけ上)抑えられるから重宝するという意見もあるかもしれませんが、そのような家計運営をしているのは危険です。

 

別に借金をしなくても、大きな出費があったときには預貯金から支払えば良いだけですからね。これなら余計なコストもかかりません。

 

それができないというのは、家計が健全な状態ではない、お金の流れが悪いということです。なので、リボ払いに魅力を感じてしまう場合は、家計改善に取り組む必要があります。


スポンサードリンク

 

関連ページ

投資信託のセット販売にはご用心
投資信託のセット販売にはご用心
金融商品にだまされないために守るべきこと
金融商品にだまされないために守るべきこと
お得に見えるけど実は違っている?毎月分配型投資信託の罠
最近は毎月分配型の投資信託が人気を博していますが、その特性をしっかり理解できていますか?毎月分配型投資信託で注意するべきポイントについて紹介します。
過度なリスクを取って破産するというようなことは避ける
過度なリスクを取って破産するというようなことは避けるようにしましょう。鉄則です。
自分がコントロールできないことに悩まない
資産運用では、自分がコントロールできないことに悩まないようにすることが大切です。
儲けることより、いくらまで損する可能性があるかを考えよう
儲けることより、いくらまで損する可能性があるかを考えることが大切です。
行動ファイナンスを資産形成に役立てる
行動ファイナンスを資産形成に役立ててみましょう。ここでは、行動ファイナンスの基本的な話をご紹介しています。

トップページ サイトマップ 当サイトについて プロフィール リンク・お問い合わせについて