「投資信託にだまされるな!」にだまされるな!の書評

「投資信託にだまされるな!」にだまされるな!の書評

「投資信託にだまされるな!」にだまされるな!の書評です。

 

「投資信託にだまされるな!」にだまされるな!の基本情報

 

 

出版社:経済界

 

著者:斉藤俊行

 

「投資信託にだまされるな!」にだまされるな!の内容

 

投資信託で資産形成する方法について紹介されている書籍です。

 

序章

 

序章では、家計が破たんしてしまう7つの理由、人生を終わりから計画する、50歳までに3,000万円を貯めておきたい理由について解説されています。

 

いくら貯めなければいけないのか、人生設計の立て方の方法について学べるので、やり方を知りたい人は読んでみることをおすすめします。

 

第1章:「投資信託にだまされるな!」にだまされるな!

 

第1章では、投資信託の基本的な仕組み・資産運用のキホンについて解説されています。

 

また、投資のいいアドバイザーの見分け方についても紹介されています。

 

第2章:やっぱり、資産づくりに倹約は欠かせない

 

人生の三大支出である家・教育・車について触れられています。資産形成において支出コントロールは重要ですが、まずは、その割合を多く占める部分についてしっかり理解しておくことは大切です。

 

またその他に、お金持ちと一般の人の保険の使い方の違い、家計をシンプルに管理するための方法についても解説されています。

 

家計をどのように管理すればいいのかよくわからない人に参考になる内容です。

 

第3章:マネー知識ゼロ、資産ゼロからの貯蓄生活

 

この章では、資産運用の説明の前に、貯蓄することの大切さについて解説されています。

 

資産を形成するというと、とにかくどうやってうまくお金を運用して増やすかに目が行きがちですが、このような基礎を固めることが最初は肝心なのです。

 

また、家計のバランスシートの質を上げる上で心掛けておきたいこと、家計を安定させる方法についても書かれています。

 

第4章:余裕資金でお金を働かせる仕組みを作る

 

この章では、お金の運用方法について解説されています。

 

また、資産形成で重要な複利の力の説明、投資するうえで大切な3つの視点、投資対象の概要、リスクコントロールの方法について触れられています。

 

各投資対象について深く知ることはできませんが、投資の大枠は理解できるような内容になっています。

 

第5章:年代別・投資はどんな未来をつくるのか

 

最後の章では、実際に20代、30代、40代の人を例にして、資産づくりの見直し方法について説明されているので参考になるでしょう。

 

評価・お役立ち度

 

有用度(☆×5が満点):☆☆☆

 

対象読者:お金の運用をそろそろ考えなければいけないと考えている人。

 

お金の基礎について学ぶことができる書籍です。ただし、資産運用についてさらに深く学ぶのであれば、ほかにも読まなければいけないと言えます。

スポンサードリンク

 

関連ページ

ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイドの書評
ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイドの書評
内藤忍 お金の話をしませんか?の書評
内藤忍 お金の話をしませんか?の書評
20代のいま、やっておくべきお金のことの書評
20代のいま、やっておくべきお金のことの書評
資産運用実践講座Tの書評
資産運用実践講座Tの書評
資産運用実践講座Uの書評
資産運用実践講座Uの書評
敗者のゲームの書評
敗者のゲームの書評
ウォール街のランダム・ウォーカーの書評
ウォール街のランダム・ウォーカーの書評
貯金生活宣言の書評
貯金生活宣言の書評
手取り20万円で毎月貯金していける一家の家計の「支出の割合」の書評
手取り20万円で毎月貯金していける一家の家計の「支出の割合」の書評
超簡単 お金の運用術の書評
超簡単 お金の運用術の書評
本多静六私の財産告白の書評
本多静六私の財産告白の書評
本多静六人生計画の立て方の書評
本多静六人生計画の立て方の書評
マーフィーお金に好かれる50のルール
マーフィーお金に好かれる50のルール

トップページ サイトマップ 当サイトについて プロフィール リンク・お問い合わせについて