家計分析の手順(資産編)|個人版バランスシートの作り方

家計分析の手順(資産編)|個人版バランスシートの作り方

家計分析の手順(資産編)|個人版バランスシートの作り方

 

資産形成をしていくに当たり、まずは自分の置かれている状況を把握するおくことが大切です。

 

そのためには個人版のバランスシートを作成することが有効なので、その作り方についてご紹介していきます。

 

バランスシートって何?

 

投資をしている人ならいざ知らず、いきなりバランスシートと言われてもピンとこない人も多いのではないでしょうか?

 

そこでまずは下記の表をご覧ください。

 

家計分析の手順(資産編)|個人版バランスシートの作り方

 

これがバランスシートと呼ばれるもので、左側に資産を書きます。また、右側には負債と、純資産(資産−負債)を記入してください。

 

資産とは負債と純資産を足し合わせたものであり、左右でバランスすることからバランスシートと呼ばれます。ちなみに日本語では、貸借対照表(たいしゃくたいしょうひょう)と言います。

 

バランスシートを作成する意味

 

あなたは自分のお金の状況をしっかり把握していますか?

 

どこそこの銀行にいくら、どこそこの保険会社にいくらの貯蓄性のある保険、どこそこの証券口座にいくらなどのように、正確に知っている人は案外多くないのかもしれません。

 

資産を形成していくに当たり、自分の資産全体を知っておくことは大切です。なぜなら、自分が一体いくら、どのような状態で持っているのかを知らなければ適切なリスク管理ができないからです。

 

例えば銀行預金に1億円ある人と100万円しかない人がいたとして、両人が株式に50万円を投資したときのインパクトは異なります。

 

投資の場合などはついつい投資したお金に対しての変動率のみ気にしてしまいますが、資産全体で考えないと非効率なことをしてしまうことになるんです。

 

収支だけを見てると足下をすくわれます

 

頻繁に話に出るのは、いくら稼いでいるのか、いくら使っているのか、という点です。

 

確かにお金の流れも重要なんですけど、フローだけを見て物事を判断するのは危険ですよ。しっかりと、ストック(資産)面も見た上で、総合的に判断しなければいけません。

 

たとえば、あの人は低収入で浪費家でどうのこうのと思っても、実は資産が豊富にあって生活には全く困らないということもあります。

 

バランスシート作成における注意点

 

バランスシートを作成するに当たりいくつか注意しておくポイントが3つありますのでご紹介します。

 

@ 記入金額は時価で!

 

記入する金額は購入時点(原価)ではなく、時価にすることがポイントです。住宅であるとか、土地については売却できる価格で把握(個人で調べるのは難しいですが、広告などで周辺価格を調べてみると良いでしょう)しておく必要があります。

 

その他、車であれば中古価格でどの程度か、保険の場合解約返納金があればどの程度もらえるのか、などなど。

 

また、株式投資など投資商品の場合は、含み益がある場合はその税金分も考慮しなければいけません。

 

最近は仮想通貨で○○円儲かったという話も目にしますが、だいたいの場合それはまだ確定してない利益です。利益確定すれば税金で多く飛んでいくので、税金を考慮しないでの資産把握は大変危険だと言えます。

 

A 債務超過はNG

 

債務超過とは、負債が資産を超えてしまう状態のことです。無理に住宅ローンを組み、住宅価格が大きく下がってしまった時などがこの状態になりやすいと言えます。

 

負債は絶対的に悪と言うわけではありませんが、個人においては原則負債は持たないほうがよく、負債を減らし債務超過のような状態にはならないようにする必要があります。

 

債務超過の状態でもすぐに破たんすることはありませんが、収入が途絶えてしまえばすぐにお金が回らなくなってしまうのでものすごく危険な状態です。

 

収入がある内は良いですが、けがをしたり体調を崩して収入が減った、無収入になった場合は生活が破綻する可能性が高まります。

 

B 流動性があるか

 

資産はなるべく流動性が確保された状態で持つのが有効と言われています。

 

流動性とは換金性のことで、例えば預金であればすぐに引き出せる半面、不動産であれば売却し現金が手に入るまでには時間が必要です。

 

すぐにお金が必要になった場合など、流動性のある資産が不足していた場合余計なコストが発生することがあるので注意するようにしましょう。

 

以上が個人版バランスシートの作り方と注意点になります。いかがでしたでしょうか?

 

バランスシートを作成して自分の資産状況を明確にし、資産運用・資産形成を加速させていきましょう。

 

バランスシート作成に役立つツール・ソフト

 

バランスシートを手軽に作成してくれるツールとしておすすめは、「マネーフォワード」があります。

 

マネーフォワードは手軽に家計簿を作成できるアプリで、株式市場に上場している会社でもあるんですよ。

 

私も長年利用しているのですが、データを自動取得したりグラス化してくれるので使いやすく、とても気に入っています。

 

⇒ マネーフォワードの詳細はこちら

 

また、エクセルを使うことができるのであれば、エクセルでバランスシートを作成しても良いでしょう。

 

バランスシートレベルのものであれば作成も難しくなく、いろいろアレンジすることもできますからね。


スポンサードリンク

 

関連ページ

家計分析をして今後の資産運用方針を決めることが大事
家計分析をすることでどのような資産運用ができるかが決まってきます。資産運用を始めることは重要ですが、まずは準備をしっかり行うことから始めましょう。
家計分析の手順(収支編)|お金の流れを知る方法
収支から見た家計分析の方法について解説しています。
インフレに備えて資産形成をしよう
インフレに備えて資産形成をしよう!と言う話です。インフレはイメージしづらいかもしれませんが、何の対策もしないでいると、じわじわ購買力が下がっていってしまいますよ。
銀行が破たんしたらあなたのお金はどうなると思いますか?
銀行が破たんした場合の、お金の扱いについてまとめてみました。
知ってるようで知らない税金の話
個人で仕事をしている方ならまだしも、会社勤めだと税金ってあまり気にしませんよね。確かに源泉徴収などで勝手にやってくれるの楽ですけど、しっかり考えないと搾取される側になってしまいますよ。
所得は何種類あるか知ってますか?
所得と一言で言っても、実は何種類もあります。そこで、本記事では各所得の概要についてご紹介します。
サラリーマンの給料を解剖してみよう
サラリーマンの給料を解剖してみようという企画です。普段なんとなくもらっている給料ですが、いろいろなお金が引かれたりしているもんなんですよ。
健康保険料や厚生年金保険料の計算に使われる標準報酬月額とは?
健康保険料や厚生年金保険料の計算に使われる標準報酬月額とは?
20代の今生命保険に入るなら
20代の今生命保険に入るなら知っておきたいことについて紹介します。
人的資本と金融資産の関係性
人的資本と金融資産の関係性についてご紹介します。
生命保険の種類についてまとめてみました
生命保険って知っているようで知らないものですよね。ここでは、生命保険の種類についてまとめてみましたので、参考にしてみてください。
医療保険に加入する前に知っておきたい高額療養費制度のキホンのキ
医療保険に加入する前に知っておきたい高額療養費制度について紹介します。
医療保険に加入する前に知っておきたい傷病手当金のキホンのキ
医療保険に加入する前に知っておきたい傷病手当金のキホンについて解説しています。賢く制度を利用して、お金を貯められる体質を作りましょう。
【日本の年金制度】あなたはしっかり理解できていますか?
年金制度はしっかり把握していますか?日本で生活するのであれば絶対に知っておかなければいけないものなので、せめて概要程度は知っておくようにしましょう。
ふるさと納税のキホンのキ
ふるさと納税のキホンについて。めんどくさいからって無視していませんか?お得な制度で、カツ、自分が使えるのであれば使わないと損ですよ!
お金の基礎知識を身につけるためのおすすめ本
お金の基礎知識を身につけるためのおすすめ本

トップページ サイトマップ 当サイトについて プロフィール リンク・お問い合わせについて