家計分析をして今後の資産運用方針を決めることが大事

家計分析をして今後の資産運用方針を決めることが大事

 

資産運用を行うためには、まず初めに家計の状況を知る必要があります。”資産運用においてどれくらいのリスクが取れるのか”を考えておくことは非常に重要なことです。

 

”リスクがどれくらいとれるのか”この部分を知るために必要なのが家計分析だといえます。

 

とはいったものの、漠然と家計分析と言われてもぴんとこないでしょう。そこで、家計分析におけるいくつかのポイントを上げていきますので、参考にしてみてください。

 

資産がどれくらいあるのかを把握する

 

まずは、現段階で資産がどれくらいあるのかを知ることが必要です。

 

資産には株や銀行預金などすぐに現金化できる流動性資産のほかに、家や車などすぐには現金化できない実物資産などがあります。

 

実物資産の場合、実際に換金できる時価で把握することが大事です。思い込みでこれくらいの価値はあるとかこれくらいで売れると決めつけてしまうと、いざというとき思わぬ価格でしか売れずに困ることになります。

 

負債がどれくらいあるのかを把握する

 

負債にはカードローンなどの短期ローンのほかに、住宅ローンなどの長期ローンがあります。

 

基本的に資産運用で得られるリターンよりもローンの金利部分の負担のほうが大きいため、まずはローンの返済を優先したほうが有利です。

 

⇒ 資産分析をするのに便利なバランスシートの話はこちら

 

年間でどれくらい資産が増えるのかを把握する

 

年間の収入から、年間の支出額を引くことで求めることができます。

 

最悪年間の余裕額が100万円であれば、100万円損しても去年の水準を保てると考えることができるでしょう。

 

また、その結果を基にどれくらいのリスクまでなら負うことができるのか、ということもわかります。

 

⇒ 家計の収支を分析する方法について詳しくはこちら

 

今後の動向についても考える

 

現時点での結果だけを見て運用方針を決める、というのも考え物です。今の状況がずっと続かず、変化することもありますからね。

 

今後の収入状況であったり、支出の状況を考えることも大切です。

 

今後収入が減ってしまう場合や、支出が増える状況があるのかどうかライフプランと照らし合わせながら考え、どれくらいのリスクが取れるのかを考えていきましょう。


スポンサードリンク

 

関連ページ

家計分析の手順(収支編)|お金の流れを知る方法
収支から見た家計分析の方法について解説しています。
家計分析の手順(資産編)|個人版バランスシートの作り方
個人版バランスシートの作り方について解説しています。家計を見直す場合、まずは視覚的に判断してみましょう。
インフレに備えて資産形成をしよう
インフレに備えて資産形成をしよう!と言う話です。インフレはイメージしづらいかもしれませんが、何の対策もしないでいると、じわじわ購買力が下がっていってしまいますよ。
銀行が破たんしたらあなたのお金はどうなると思いますか?
銀行が破たんした場合の、お金の扱いについてまとめてみました。
知ってるようで知らない税金の話
個人で仕事をしている方ならまだしも、会社勤めだと税金ってあまり気にしませんよね。確かに源泉徴収などで勝手にやってくれるの楽ですけど、しっかり考えないと搾取される側になってしまいますよ。
所得は何種類あるか知ってますか?
所得と一言で言っても、実は何種類もあります。そこで、本記事では各所得の概要についてご紹介します。
サラリーマンの給料を解剖してみよう
サラリーマンの給料を解剖してみようという企画です。普段なんとなくもらっている給料ですが、いろいろなお金が引かれたりしているもんなんですよ。
健康保険料や厚生年金保険料の計算に使われる標準報酬月額とは?
健康保険料や厚生年金保険料の計算に使われる標準報酬月額とは?
20代の今生命保険に入るなら
20代の今生命保険に入るなら知っておきたいことについて紹介します。
人的資本と金融資産の関係性
人的資本と金融資産の関係性についてご紹介します。
生命保険の種類についてまとめてみました
生命保険って知っているようで知らないものですよね。ここでは、生命保険の種類についてまとめてみましたので、参考にしてみてください。
医療保険に加入する前に知っておきたい高額療養費制度のキホンのキ
医療保険に加入する前に知っておきたい高額療養費制度について紹介します。
医療保険に加入する前に知っておきたい傷病手当金のキホンのキ
医療保険に加入する前に知っておきたい傷病手当金のキホンについて解説しています。賢く制度を利用して、お金を貯められる体質を作りましょう。
【日本の年金制度】あなたはしっかり理解できていますか?
年金制度はしっかり把握していますか?日本で生活するのであれば絶対に知っておかなければいけないものなので、せめて概要程度は知っておくようにしましょう。
ふるさと納税のキホンのキ
ふるさと納税のキホンについて。めんどくさいからって無視していませんか?お得な制度で、カツ、自分が使えるのであれば使わないと損ですよ!
お金の基礎知識を身につけるためのおすすめ本
お金の基礎知識を身につけるためのおすすめ本

トップページ サイトマップ 当サイトについて プロフィール リンク・お問い合わせについて