20代の今生命保険に入るなら

20代の今生命保険に入るなら

 

生命保険に入る必要はあるの?

 

20代になったら、もう立派な成人となります。また、働き始めるタイミングで将来のことを見据えて生命保険の加入などを考える時期にも入ります。

 

会社などでも先輩社員から生命保険に入ったほうがいいという話や、生命保険の営業マンからいろいろお誘いがある事でしょう。そこで、生命保険に加入してみようという気持ちになるかもしれません。

 

さてそうは言ったものの、生命保険て何に入ったらいいのかいまいちわからないという方が多いと思います。そこで今回は、生命保険に入ったほうがいいのかについて書いていきます。

 

まずは、生命保険にはどんな種類があるのか、人的資本と生命保険の関係について考えてみましょう。

 

生命保険には大きく分けて2つの機能がある

 

生命保険が果たす役割をしっかりと理解しておくことが大事です。

 

1:保障機能

 

保障機能とは、けがをして入院が必要になった時などに役立つ機能です。

 

2:貯蓄機能

 

貯蓄機能とは、もし健康に過ごせた場合に解約して掛け金より多くの金額をもらったりすることができる機能です。

 

また生命保険には死亡保障のものや貯蓄性のものなど様々なタイプが存在します。そういった点が保険を複雑にしているゆえんだと考えられます。

 

20代は、まずは働けなくなった時のことを考える

 

結婚している(扶養している家族がいる)なら話は別ですが、もし独身であるならば自分がけがやしょうがいを持った時のことを考えれば大丈夫です。つまり、自分が働けなくなった場合の保障を得ることが、生命保険に加入するポイントとなります。

 

さてここで人的資本の考え方を少し書きます。人的資本とは、その人が今後の人生で稼ぎ出せる力のことです。

 

これから40年働く人はあと10年働く人よりも人的資本は大きいということになります。つまり、若い世代ほどこの人的資本が大きいといえます。

 

生命保険とはこの人的資本の補てんを行うものというイメージを持つと、生命保険でどれくらいのものに入ったほうがいいのかわかりやすいかと思います。

 

高額医療費制度がある

 

公的医療保険に加入していれば、高額医療費制度というものが受けられます。

 

高額医療費制度とは、同じ月に同じ医療機関に支払った自己負担額が一定額を超えた場合、あとで医療機関に申請することで一定金額を超えた分が戻ってくるという制度です。

 

上位所得者・一般・低所得者によってその自己負担の上限額は変更となります。

 

一般の場合、80,100+(総医療費−267,000)×1%が自己負担の上限となります。

 

つまり、ある一定の資産がある場合生命保険に加入せずともある一定額の負担で済むということです。

 

⇒ 医療保険に加入する前に知っておきたい高額療養費制度のキホンのキ

 

まとめ

 

結論から言うと、養うべき家族がいないのであれば基本的に生命保険は必要ないといえます。ただし、ある程度の資産があり高額医療費制度が利用できる場合の話です。

 

もし仮に生命保険に加入する場合、自分で保障内容などしっかり判断する必要があります。間違っても営業マンの言うとおりに入るのは避けましょう。

 

よくわからない特約などをつけてしまう可能性も否定できませんし、毎月払う固定費なのでむやみに大きくすると後々解約なども面倒だと思いますので、契約前に十分納得できるようにしておきましょう。

 

そのためには、事前に保険のしくみを勉強することや、どういった商品があるのか情報を集めることが大切です。


関連ページ

家計分析をして今後の資産運用方針を決めることが大事
家計分析をすることでどのような資産運用ができるかが決まってきます。資産運用を始めることは重要ですが、まずは準備をしっかり行うことから始めましょう。
家計分析の手順(収支編)|お金の流れを知る方法
収支から見た家計分析の方法について解説しています。
家計分析の手順(資産編)|個人版バランスシートの作り方
個人版バランスシートの作り方について解説しています。家計を見直す場合、まずは視覚的に判断してみましょう。
インフレに備えて資産形成をしよう
インフレに備えて資産形成をしよう!と言う話です。インフレはイメージしづらいかもしれませんが、何の対策もしないでいると、じわじわ購買力が下がっていってしまいますよ。
銀行が破たんしたらあなたのお金はどうなると思いますか?
銀行が破たんした場合の、お金の扱いについてまとめてみました。
知ってるようで知らない税金の話
個人で仕事をしている方ならまだしも、会社勤めだと税金ってあまり気にしませんよね。確かに源泉徴収などで勝手にやってくれるの楽ですけど、しっかり考えないと搾取される側になってしまいますよ。
所得は何種類あるか知ってますか?
所得と一言で言っても、実は何種類もあります。そこで、本記事では各所得の概要についてご紹介します。
サラリーマンの給料を解剖してみよう
サラリーマンの給料を解剖してみようという企画です。普段なんとなくもらっている給料ですが、いろいろなお金が引かれたりしているもんなんですよ。
健康保険料や厚生年金保険料の計算に使われる標準報酬月額とは?
健康保険料や厚生年金保険料の計算に使われる標準報酬月額とは?
人的資本と金融資産の関係性
人的資本と金融資産の関係性についてご紹介します。
生命保険の種類についてまとめてみました
生命保険って知っているようで知らないものですよね。ここでは、生命保険の種類についてまとめてみましたので、参考にしてみてください。
医療保険に加入する前に知っておきたい高額療養費制度のキホンのキ
医療保険に加入する前に知っておきたい高額療養費制度について紹介します。
医療保険に加入する前に知っておきたい傷病手当金のキホンのキ
医療保険に加入する前に知っておきたい傷病手当金のキホンについて解説しています。賢く制度を利用して、お金を貯められる体質を作りましょう。
【日本の年金制度】あなたはしっかり理解できていますか?
年金制度はしっかり把握していますか?日本で生活するのであれば絶対に知っておかなければいけないものなので、せめて概要程度は知っておくようにしましょう。
ふるさと納税のキホンのキ
ふるさと納税のキホンについて。めんどくさいからって無視していませんか?お得な制度で、カツ、自分が使えるのであれば使わないと損ですよ!
お金の基礎知識を身につけるためのおすすめ本
お金の基礎知識を身につけるためのおすすめ本

トップページ サイトマップ 当サイトについて プロフィール リンク・お問い合わせについて